保護している馬の譲渡が始まりました

相馬ポニー牧場から発信している被災馬近況報告ブログをご覧の方は既にご報告をさせていただいておりますが、5月21日、引退馬協会で保護している馬の譲渡が始まりました。

今回、旅立った第1号馬は、ハーモニィ I (ファースト)号です。

終生大事に飼っていただくことをお約束いただき、地元の方に引き取られました。

 

harmonyI.jpg

harmony1.jpg

 

全頭、名前をつけ、健康手帳を再発行し、ワクチンを接種、放射線検査も完了して、引き取りのお申し出をいただいている方とのマッチング作業を進めています。

現在、譲渡の準備をしている馬たちは、今までに地震、津波、飢餓の3重の苦しみを経験しました。体、心の傷は想像を絶するもので、繊細なケアをしている馬が少なくありません。

専門的なケアが必要な馬もいれば、のんびりした環境を提供していただくことが第一の馬もいます。

引き受け先の候補に挙がった方と今後コンタクトを取らせていただき、お話がまとまった馬から順次旅立たせる予定です。

 

今回、譲渡を予定している9頭のほか、夏以降の譲渡を予定している馬もいます。

適材適所を考えると、お申し出いただいた順番も前後する場合もあるかと思いますが、馬たちの幸せを第一にご理解のほどお願い致します。お声かけするまでにまだ時間がかかることもありますが、今しばらく気長にお待ちいただければ幸いです。

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、rhaが2011年5月22日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「保護した馬たちの様子をブログにしています。」です。

次のブログ記事は「飼料援助しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。