フクとレンについて

 
昨年6月に当会より乗馬施設に譲渡したハーモニィフクとハーモニィレンが1月4日から5日にかけて譲渡先にて相次いで死亡致しました。

死亡原因については断定には至りませんが、昨年10月頃より飼養環境が悪化していたことが大きな要因と考えられます。
  
適切な見守りができなかったことを、支援者の皆様に心よりお詫び申し上げます。

当会より直接譲渡をさせていただいた馬については、年に一度飼養状況の報告をお願いすることになっていますが、予定時期を早めて順次ご連絡させていただき、飼養について何か困ったことがないか等の確認をさせていただいています。

譲渡先については今までも慎重に検討して参りましたが、今後の譲渡後の見守りについても連絡を密にし再発防止に努めて参ります。

         2012年1月6日
                                特定非営利活動法人 引退馬協会
                                         代表理事  沼田恭子


    【情報提供・お問い合わせフォーム】

    【譲渡が完了した被災馬たち】

被災馬支援金報告

  • 2013年1月23日までの支援金累計金額
      28,551,916円(内訳)
  • 2012年12月31日までの支出(確定分)
      27,082,400(内訳)
  • 支援金累計金額にはすべての口座へのご寄付を含みます。(JustGivingは実入金分のみ)

現地スタッフが随時更新中!

ブログ

安否情報
活動報告
被災馬INFOブログ
只今、↑のリンクより被災馬INFOブログがアクセスできなくなっています。ページ上部のメニューバーより、「被災馬INFOブログ」をクリックしてご覧ください。

最近のブログ記事

ハム太郎、永眠
クロこと、ハーモニィビッグウェーヴ永眠
ときがわホースケアガーデンのコテツ君(ルージュビクトリー)のその後
ハーモニィチトセチャンが引退馬協会に戻ってきました
中国のインターナショナルスクールからの支援報告

Facebook